2016年08月29日

ジュビロ磐田推進協議会の会長と組織が変わりました!!

2016年7月20日(水)磐田商工会議所に於きまして平成27年度の総会が開催されました。
4月に予定されておりました総会が新年度の組織と事業が改められることでその調整に手間取ったためです。
新会長には、体協の河島氏が就任しました。23年間の組織としての長所や短所様々ある中で一新していきたいという強い想いがそうさせたのかもしれません。現在、正副会長と事務局、事業部が存在する形で走り出し、走りながら組織としての肉付けをしていくようです。彼の会長に就任する条件として、ジュビロと行政と推進協との話し合いをもつことが就任の条件でありました。また、自前で活動できる会費を集めていくことも新たな活動になっていくようです。
ジュビロ磐田も、随分良くなりましたが、自分本位でなくもう少し地域に下りて来てくれるといいと思います。これだけ各分野でスポーツが盛んになると、存在自体が脅かされないか少し心配です。

本年はオリンピックで水谷、伊藤選手で大変盛り上がっており、スポーツに関しては更に盛り上がりを見せる磐田になるでしょう。9月3日にはパレードが決まりましたね。
市民の盛り上がりもありますが、昔は多くの民間人がお手伝いをしてイベントが盛り上がりましたが、近年では、市の職員中心のイベントとなり市民サービスで動いてしまっていますね。(ここがわからない)
しっぺい君もそうですが、これが本当に良いのか悪いのか良くわかりません。
喜び方が幼くなっている気がするのは私だけでしょうか。

しかし、アスリートはすごく努力をしているんですよね。尊敬するし頭が下ります。
尊敬する・尊敬される部分を形にしていけたらどうでしょう。
posted by ジュビロ太朗 at 11:15| 静岡 ☀ | TrackBack(0) | ホームタウン推進協議会の沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

がんばろう ジュビロ磐田!!

2014年11月30日プレーオフ一回戦、4位ジュビロと6位の山形戦。
1-1のドローで後半アビショナルタイム、相手GKにヘッドで失点。
劇的な幕切れとなってしまった。
1年で復帰を願ったが残念な結果になってしまった。

とかく勝ち負けに目が行ってしまうが、複線はここ数年根付いていた。
クラブがどう変わったか、チームがどう変わったかを考えると、表面的な人の入れ替えはあったが、根本は何も変化がなかったと感じる。
クラブと地域や行政、選手とサポータの関係、イベント(なにをやったか)に終始しサボっていたと思う、
もう一度組み立て直しをしなければならないチャンスをいただいたと考えるほうがよい。
以前は荒田さんというスポーツを文化として高めようとする哲学を持った指導者がいらっしゃったが
、そんなことすら考える人がいなくなってしまった。
地域として何ができて何ができないのか。
スタジアムに足を運ぶようPRする前に、運ばせる魅力を創っていかなければいけないよね。


がんばろうジュビロ磐田!!
posted by ジュビロ太朗 at 11:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームタウン推進協議会の沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

荒田さんありがとうございました。

優勝の瞬間.jpg   推進協10周年.jpg
元ジュビロ磐田社長 荒田さんとは、20数年ジュビロが設立してからのご縁でお付き合いをさせていただいておりました。スタジアムでは必ず「ヨ-ッ」と声を掛けていただき、「夢と感動」、「世界に通ずるクラブ創り」を熱く語り、ドゥンガを筆頭に世界の名だたる選手が次々に加入しましたね。また、ゴンを中心に若い選手が目に見えて成長していく。まさに夢のような感動の瞬間をたくさんいただきました。
世界クラブ選手権へも応援に行ますなんてお話したことも懐かしい思い出です。
上の写真は、リーグ優勝を果たした瞬間の写真とホームタウン推進協議会の10周年に当時日本サッカー協会会長の岡野俊一郎氏の講演会の終了後(右から 荒田さん、会長、岡野さん、市長、松崎さん)との記念写真です。記念講演も荒田さんのおかげで実現しました。

それぞれのお立場から’ホームタウン磐田’を育てようとする懐の深さをそれぞれの皆さんが持ちあわせておられました。
そんな意味では、まさしく荒田さんは、みなさんがおっしゃるように’ジュビロの父’でありましたし、スポーツは文化であるという哲学を持ってクラブ創りをされておられました。
Jの理念「チームはサポータのためにあり クラブは地域のためにある」
近年厳しい現況ではありますが、また必ず良いときが来ると思います。

そんなときを夢見ながら、荒田さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。
                 ジュビロ磐田推進協議会 会員一同




posted by ジュビロ太朗 at 13:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームタウン推進協議会の沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

ジュビロ君21歳の誕生会開催

平成26年11月6日21歳誕生日.jpg
1993年11月16日に磐田市は、ジュビロ磐田のJリーグ昇格に伴い晴れてホームタウンとなった。
あれから21年の歳月が流れた。昨年の誕生会はJ2降格がどうなるかの時期だっただろうか。
今年は、3位を確定し、入れ替え戦で12月7日の決勝に出場し、J1昇格を果たしたい。
振り返れば、ジュビロのおかげで随分いい思いもさせてもらった。ここ数年はストレスの溜まることが多くなった。いい時もあるが悪いときもあるのが世の常である。均してみればほぼ平らということだろうか。
ここからが本当の正念場ですね。
「チームはサポーターのため」「クラブは地域のため」、ジュビロは、本当に曲がり角に来ていると思う。
スポーツ文化をもった地域密着型のクラブとして再興していただきたい。
チームの顔はもっているが、クラブの顔がなかなか見えてこない。

全国ゆるきゃらの人気が上昇し、チームのマスコットの影も薄くなりつつある。
マスコットをみる子供達の瞳の輝きも何かすこし控え気味な気が今年はした ・・・・・・。


posted by ジュビロ太朗 at 15:39| 静岡 ☀| ホームタウン推進協議会の沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

沿革

ジュビロ磐田ホームタウン推進協議会の沿革

1991年 ヤマハ発動機プロ化とJリーグを誘致する会発足
      誘致署名活動、イベント活動等行う。

1992年 Jリーグへ申請をする。
      誘致する会目的達成し発展的解散をする。

1993年 Jリーグの選考からもれる。
(平成5年)県内から清水エスパルスが昇格する。

      次期昇格の三つの条件が出される。
      1 15,000人以上収容のスタジアム
      2 チームの2位以内の成績
      3 地域の盛り上がり(協力)
 
 8月27日(社)磐田青年会議所主管
      「ジュビロ磐田ホームタウン緊急討論会」開催 市民会館満席
       新スタジアム募金及びJ昇格署名運動を展開する。
       地域の様々な団体や自治会、行政を巻きこんだまちづくり運動へと発展す     る。

 11月16日ジュビロ磐田Jリーグ昇格決定する。
       駅前(ジュビロード)にて昇格記念イベント開催。
      ◇この日をジュビロ君の誕生日とする。
      ◇署名等昇格に向かって様々な活動をともに行った団体のみなさ            んとジュビロ磐田ホームタウン推進協議会を設立し新しいスタートを切る。

1994年  Jリーグ参戦
(平成6年) 試合の日は、街中が活気にあふれている。

1995年  ホームゲームのチケットの販売を行う。
       活動メンバーが振りまわされる。
       ジュビロ記念コイン協賛(幻のコイン)。
       ボランティアメンバー募集。
       説明会の開催。
      
1996年  ◇磐田スポーツアシストクラブ(ISAC)設立
(平成8年)  ボランティア活動がスタートする。
        駒ヶ根サッカー教室開催:ドゥンガ選手・吉田選手参加
       ◇第1回メディカルスポーツ講演会の開催
        豊岡中学校 講師:山本昌邦氏(オリンピック代表コーチ)

1997年  ■ジュビロ磐田2ndステージ優勝/年間優勝
        昇格記念事業/ジュビロ君4歳の誕生会及ミニサッカー教室
       ◇優勝パレードの開催。(ジュビロード〜市役所)
       ◇市民応援TV開催。
       ◇メディカルスポーツ講座開催(ジュビロ磐田 菅野淳 氏)
       ◇スポーツボランティア活動

1998年  ◇ホームタウン賛歌全国募集及び発表
(平成10年) ホームタウン賛歌「青い旋風のように」決定
          作曲 佐藤 薫  作詞 朔杉琢磨
  スタジアムにて振り付きで「青い旋風のように」発表。
        とんぼ児童合唱団・佐藤バレエ団員・少年サッカー関係者が        スタジアムを円形に囲み披露した。
       ◇第1回ジュビロマラソンへ協力。
       ◇W杯フランス大会市民応援TVの開催。
       ■ジュビロ磐田
        アジアクラブ選手権優勝/ナビスコカップ優勝
        /1stステージ優勝
       ◇メディカルスポーツ講座開催(菅野 淳 氏)
       ◇スポーツボランティア活動

1999年  ◇ジュビロ磐田似顔絵コンテスト開催
(平成11年)  (ジュビリストアートグランプリ)
       ■ジュビロ磐田
        アジアスーパーカップ優勝/1stステージ優勝/年間優勝
       ◇優勝パレード・優勝報告会開催
       ◇メディカルスポーツ講座開催(菅野 淳 氏)
       ◇スポーツボランティア活動

2000年  ◇スポーツボランティア活動
        静岡産業大学への活動開始
       ◇城山中学福祉体験学習スタジアム清掃への協力
       ◇ジュビリストアートグランプリ
       ◇ジュビロ君誕生会
       ◇メディカルスポーツ講座開催(菅野 淳 氏)

2001年  ◇第3回全国ホームタウンサミットin磐田開催
(平成13年)  基調講演/全国ボランティアの集い〜2日間
        /菅野淳氏スポーツコンディショニング講座の開催
       ◇アシストボランティア/エコパこけら落とし参加
       ◇ジュビリストアートグランプリ
       ■ジュビロ磐田
        1stステージ優勝

2002年  ◇日韓共催ワールドカップ開催
        アシストクラブワールドカップボランティアへ協力
        磐田ベースキャンプ 「磐田発〜START 2002」協力
       ◇スポーツ文化と芸術文化の融合 イベント開催
        基調講演/
        オープニング/とんぼ児童合唱団/満徳寺少年少女合唱団
        /佐藤バレエのこどもたち/
        佐藤典子舞踊団によるセレブレーション/
        中山選手・福西選手・山本昌邦コーチ参加
       ◇メディカルスポーツ講座開催(菅野 淳 氏)
       ◇ジュビリストアートグランプリ
       ■ジュビロ磐田
        1stステージ優勝/2ndステージ優勝/年間優勝

2003年  ◇ジュビロ磐田Jリーグ昇格10周年記念事業 <市民会館>
(平成15年)  ジュビロ君フェスティバル開催 幼稚園児対象
       「ジュビロ君とジュビーちゃんのふしぎな魔法」上演
         協力:磐田こどもミュージカル/市内幼稚園の先生
            佐藤典子舞踊研究所
       ◇記念講演                 <磐田GH>
        日本サッカー協会「岡野俊一郎 氏」
       ◇記念植樹  ゆめりあ玄関前に「もっこくの木」植樹
       ◇アシスト活動
        NEWわかふじ国体へ協力
        ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
       ◇メディカルスポーツ講座開催(菅野 淳 氏)
       ◇ジュビリストアートグランプリ
       ■ジュビロ磐田
        ゼロックススーパーカップ優勝

2004年  ◇メディカルスポーツ講座開催(菅野 淳 氏)
       ◇ジュビリストアートグランプリ
       ◇誕生会とミニサッカー教室
       ◇アシスト活動
        ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
        ヤマハスタジアム環境リサイクル運動への取り組み
       ◇全国女子高校サッカー選手権大会への協力
       ■ジュビロ磐田 天皇杯優勝/ゼロックススーパーカップ優勝

2005年  ◇スポーツコンディショニング講座開催(菅野 淳 氏)
(平成17年) ◇ジュビリストアートグランプリ
       ◇誕生会とミニサッカー教室
       ◇アシスト活動
        ジュビロマラソンへの協力
        ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
        ヤマハスタジアム環境リサイクル運動への取り組み
       ◇全国女子高校サッカー選手権大会への協力

2006年  ■ワールドカップドイツ大会開催
        壮行会への協力
       ◇スポーツコンディショニング講座開催(菅野 淳 氏)
       ◇アシスト活動
        ジュビロマラソンへの協力
        ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
        ヤマハスタジアム環境リサイクル運動への取り組み
       ◇全国女子高校サッカー選手権大会への協力


2007年   ◇スポーツコンディショニング講座開催(菅野 淳 氏)
(平成19年) ◇ジュビリストアートグランプリ
        ◇誕生会とミニサッカー教室
アウェイ応援バスツアー(VS名古屋)
ホームタウンの集い 広瀬一郎氏 スポーツマンシップについて講演会開催
        ◇アシスト活動
         ジュビロマラソンへの協力
         ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
         ヤマハスタジアム環境リサイクル運動への取り組み
        ◇全国女子高校サッカー選手権大会への協力
 
2008年   ◇スポーツコンディショニング講座開催
(平成20年) ◇ジュビリストアートグランプリ
        ◇誕生会の開催
        ◇ ジュビロ降格危機
         「おらんまちのジュビロだもんで 応援せにゃいかんらー」開催
        ◇ 言いたい放談の開催 サポーター・ジュビロ・推進協
        ◇アシスト活動
         ジュビロマラソンへの協力
          ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
         ヤマハスタジアム環境リサイクル運動への取り組み
        ◇全国女子高校サッカー選手権大会への協力


2009年   ◇スポーツコンディショニング講座募集
(平成21年)  ◇ジュビリストアートグランプリ
        ◇誕生会の開催
        ◇ 言いたい放談の開催 サポーター・ジュビロ・推進協
         アウェイ応援ツアー(VS浦和)
        ◇アシスト活動
         ジュビロマラソンへの協力
          ヤマハ発動機ジャパンラグビートップリーグへ協力
         ヤマハスタジアム環境リサイクル運動への取り組み
        ◇全国女子高校サッカー選手権大会への協力

    
       

     
   
posted by ジュビロ太朗 at 16:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームタウン推進協議会の沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。